筑波学園都市 ハザマ技術研究所にて
   起震装置で行われた阪神大震災を再現した写真(連続)
※棟は従来の大まわし
 オレンジ色の平瓦は止めつけなしの引かけ桟木工法

※回わりの袖、軒瓦は標準的な固定方法です

耐震棟工法の春風館 耐震工法の強力棟金具+鉄筋工法です。

腐食防止のため人工木で施工しました。 完成しました。

今までの大回し工法から耐震・耐台風工法に変えました。 棟の頂点部分に防水紙を敷きこみ、協力棟金具を施工

棟の頂点に桟木を施工 頂点部分い端瓦を取り付けました。

南蛮漆喰にて台面ノシ瓦(1段目)施工しました。 棟瓦(ノシ瓦)を被膜導線で結束

強力棟金具に施工した垂木越しに被膜導線を結束 鬼周りに漆喰を施工して、被膜導線にコーキングを施工

耐震・耐台風棟の完成です。 大回し工法の既存棟を耐震・耐台風工法の棟に変更

大回し工法の既存棟を耐震・耐台風工法の棟に変更 南蛮で1段目の棟瓦を施工

棟金具より、丸瓦を固定する被膜導線を取り出す。 2段目の棟瓦を施工

耐震・耐台風のガイドライン工法による棟の完成